賃貸保証会社を利用することのメリットを知ろう

素敵なお部屋を借りる時の手助けをしてくる賃貸保証会社について

賃貸保証会社とは一体何か

賃貸の契約を行う際に、賃借人の連帯保証人を代行してくれる会社のことを、家賃保証会社と言います。家賃の滞納などをした場合、賃借人に変わって代位弁済を行ってくれます。

賃貸保証会社にて審査を行う際に必要なもの

  • 本人確認書類
  • 預金通帳残高のコピー
  • 源泉徴収票や納税証明書

賃貸保証会社を利用することのメリットを知ろう

お金の生る木

賃貸保証会社は一度審査に落ちると二度と出来ない

賃貸保証会社で連帯保証人を代行した際に、万が一審査が落ちてしまった場合は、同じ賃貸保証会社では二度と審査が通らないという厳しいものがあります。しかし、それで諦めてはいけません。単に賃貸保証会社の審査基準が高く設定されている可能性もあるのです。そういう時は別の賃貸保証会社で再度審査を行ってみるといいでしょう。

自分の身の丈にあった部屋を借りることが大事

賃貸保証会社の審査で重要視されるのは、収入面となります。賃貸保証会社はその収入額と家賃をきちんと見定めてから審査を通します。また、逆に収入が多ければ多いほど、審査は受かりやすいと考えていいでしょう。

誰かの連帯保証人になっていると審査が通りにくい

もし自分が誰かの連帯保証人になっている状態で、賃貸保証会社に連帯保証人の代行依頼をしたとしても、審査が通らないことが多いです。それは、誰かの連帯保証人になっている場合、万が一その人が家賃滞納などを行っていると、自分がそれを支払わなくてはなりません。そのようなリスクも賃貸保証会社はチェックしてきます。

誰でも受けられるわけではないことをきちんと知る

賃貸保証会社の審査は誰でも通るものではありません。色々な方面から審査を行って、大丈夫と認定されて始めて通るものです。審査を受ける際はある程度の知識と自分に合った審査基準の審査を受けましょう。

広告募集中